ブラウへのお見舞い

足を傷めたブラウ君に、Aさんがこんなに綺麗なお花を持ってきて下さいました。

少し凹んでいたブラウ両親の心も明るくなります。

他のご利用者さんたちも「綺麗ね~バラの色が優しくていいね~」と、一緒にお花を楽しんでおられます。

 

Aさんはお庭に咲いていた数種類の花々を切って、生けてくださいました。ありがとうございました。


そして、少し残ったバラの花をテーブルの上に一輪、素敵においてくださいました。下の写真で皆さんお楽しみください。

お花って本当に人々の気持ちを和ませてくれますね。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ゆん (水曜日, 28 5月 2014 16:48)

    Aさんの心遣い、嬉しいですね (^^♪
    いつもブログで、お顔を拝見しているので、
    何だか会っているような感じです
    それにしても、ヴァイスくん
    Aさんにベッタリですね

  • #2

    わおん (水曜日, 28 5月 2014 22:48)

    ゆんさん
    こちらにもコメントを戴き、ありがとうございます。
    本当にAさんからの賜りもの、お花も嬉しいですが、
    そのお気持ちに励まされました。
    それを知ってか知らずか?ヴァイスはAさんに
    ラブコールです❤❤❤
    ブラウの距離感が微妙ですよね(笑)!

スタッフ犬紹介

 

 

 

 

 

 BLAU(ブラウ)

ボーダーコリー

♂2009.3.15生まれ

六甲警察犬訓練所、宗平所長の指導の下、2歳からアジリティーを練習。JKC大会にオーナーハンドラーで出場し、数々の賞を戴いています。

人間と遊ぶことがとても楽しいと思っている子です。

 

 

 

 

 

 

WEISS(ヴァイス)

英国ゴールデン

    レトリバー♂2013.2.9生まれ

様々なグループでセラピードッグの勉強をし、JKC訓練競技会ではトレーニングチャンピオンを獲得。

NPO法人日本アニマルセラピー協会のセラピー犬に認定。

認定NPO法人日本レスキュー協会セラピードッグチームの潜在性テスト・適性テストにも合格しています。

 

英国ゴールデンの持つ穏やかな性質とお茶目な気質を、セラピーの分野で発揮しています。