生野高原 狗鷲桜

 

 

 

この看板に見覚えのある方も多いはず!

朝、下見に行ってみるとまだきれいに咲いていましたので、明日の雨で散ってしまうだろうと思い、午後から皆さんと出かけました。

 

 

朝見たときはもう少し花があったのですが、、、

 

 

それでも私たちの訪問を待ってくれていたかのよう!

 

時々、見事な花吹雪が舞い、皆さんの歓声があがりました。

 

 

桜の木の真下から見上げています。

この木には精霊が宿っているかのよう!そのエネルギーを感じます。

 

 

高原ですので少し肌寒く感じますが、とても心地の良い空気感でしたね。

 

 

今日もワンズは一緒です。

いつもここへはお散歩に来ているので、「自分の庭」的なお二人さんでした。

 

 

鹿のウン○は落ちていますが(>_<)、

 

とってもワンズの足には優しい原っぱです(^_^)/。

 

今日も大好きなディスクで遊びました。

 

 

ところがブラウ君、

 

今日は少し控えめで。

 

何かを感じているようです。

 

 

無難に皆さんの近くに戻っていました。

 

 

それに比べ、ヴァイス君は・・・(>_<)

2m以上もあろう桜の木の枝を持ってきたのですが、長くて本犬も困っています<`~´>

何とか大木の根元に運んで落ち着き、ここでガジガジが始まりました。

 

皆さんはワンズの遊びを微笑ましくご覧になっています。

 

微妙な坂に立たれていますので、けっこう足の力が入ってマス(^_^)/

 

 

そして何度も狗鷲桜を振り返り「凄い木だねえ・・・」っと仰ぎ見てらっしゃいました。

 

 

 

もう一度近くで見せて頂こう!と近づいてみると・・・

 

 

「狗鷲(イヌワシ)が大きな岩を掴んでいる」という名前の由来がわかります。

 

 

皆さんもこの自然の力に驚かれていました。

こういう自然から受ける刺激は、心も体も隅々まで活性化されますね。

 

 

皆さんエネルギーに吸い寄せられて…(*^。^*)

 

木の根っこを近くで見ようと、興味津々です。

 

今年はいろんな所へお花見に行きましたが、これが今年最後の様な気がしています。

来年の春に再び「桜」に元気に会えます様に・・・

 

 

そして帰りに生野高原のワンズの家に寄って、お茶を飲み休憩して帰路につきました。

山の湧水で珈琲を入れると、皆さんは「美味しいね」っとおっしゃって下さいました。

山の風を受け、木漏れ日を楽しみ、鳥たちの鳴き声を聞きながら会話が弾みましたね。

 

大自然の恵みに感謝です。

しかし、大自然はいつも人々に優しいわけではありません。

九州地方の地震で亡くなられた方や、避難生活を送られている方々、一日も早く落ち着かれることを祈っています。

 

ヴァイスの同胎犬ペニーちゃんが「災害救助犬」として、現地に向われました。

ペニーちゃん、お父さん、ご自身の安全を守りながら頑張って下さい。

スタッフ犬紹介

 

 

 

 

 

 BLAU(ブラウ)

ボーダーコリー

♂2009.3.15生まれ

六甲警察犬訓練所、宗平所長の指導の下、2歳からアジリティーを練習。JKC大会にオーナーハンドラーで出場し、数々の賞を戴いています。

人間と遊ぶことがとても楽しいと思っている子です。

 

 

 

 

 

 

WEISS(ヴァイス)

英国ゴールデン

    レトリバー♂2013.2.9生まれ

様々なグループでセラピードッグの勉強をし、JKC訓練競技会ではトレーニングチャンピオンを獲得。

NPO法人日本アニマルセラピー協会のセラピー犬に認定。

認定NPO法人日本レスキュー協会セラピードッグチームの潜在性テスト・適性テストにも合格しています。

 

英国ゴールデンの持つ穏やかな性質とお茶目な気質を、セラピーの分野で発揮しています。