何十年ぶりの大雪だったそうで・・・

こんなにたくさんの雪、「わおん」にとっても「ワンズ」にとっても初めてでした。

雪国生れではない私とワンズには、テンションMAX!!

 

でもご利用者さんをお迎えに行く道が・・・いつもの様には車が走れず、時間に遅れたり止まってしまったりとハラハラドキドキしました。

 

ご近所の方に助けていただいたり、ご家族の方々が車が入りやすいようにと雪かきをして下さっていたり、施設ではスタッフが雪と戦い、何とかいつもの「わおん」を進行できました。

 

そんな大変な大雪でしたが、「わおんのわんこ」はやっぱり大喜びです。

その遊ぶ姿をご利用者さん達がご覧になって、「あれ、嬉しいんやなあ~」と、ワンズの気持ち理解にはちょっと無理が・・・

 

 

この子達の遊ぶ気満々の様子をご覧ください。

 

一応アウトドア用のウエアーは着せています。

 

 

この子達の高さより積もっている雪の中を、本当にラッセル車の様に雪をかき分け進みます。新しく道を作っていくのです。

暖かい部屋の中からご利用者さんは「こんなん見たことないわ~」っと驚かれていました。

 

天真爛漫に雪を謳歌したヴァイス、一生懸命なのが可愛いです。

 

 

シニアの仲間入りの年齢ですが、やはりブラウは活発でカッコいいですよ!

 

こんなに一杯遊んだら・・・こんなことになります(>_<)

お股に雪玉がこんなにつきます(>_<)

この子達は男の子ですが・・・その大切なモノが雪玉で・・・

あ~~~凍ってしまうかも・・・(笑)

 

これを取るのが一苦労です。

この子達も自分ではどうしようもなく、「こんなんになったーーー取ってええ==」っと

お尻を向けてきます(;´∀`)

 

ご利用者さんとお湯で絞った暖かいタオルで、雪玉を一つずつ取ってやりました。

その間、ワンズはジイーっとしていました。

 

こんなことになるのに、次の日も、雪の中に出て行ってひと暴れしてきたワンズでした。

 

皆さんのお宅は雪の被害は無かったですか?

わおんではドッグランの道具を入れているテントが、雪の重みで壊れてしまいました。

まあ仕方ないね、大雪だったから。

ケガが無かったんだから、良しとしよう!!

 

 

スタッフ犬紹介

 

 

 

 

 

 BLAU(ブラウ)

ボーダーコリー

♂2009.3.15生まれ

六甲警察犬訓練所、宗平所長の指導の下、2歳からアジリティーを練習。JKC大会にオーナーハンドラーで出場し、数々の賞を戴いています。

人間と遊ぶことがとても楽しいと思っている子です。

 

 

 

 

 

 

WEISS(ヴァイス)

英国ゴールデン

    レトリバー♂2013.2.9生まれ

様々なグループでセラピードッグの勉強をし、JKC訓練競技会ではトレーニングチャンピオンを獲得。

NPO法人日本アニマルセラピー協会のセラピー犬に認定。

認定NPO法人日本レスキュー協会セラピードッグチームの潜在性テスト・適性テストにも合格しています。

 

英国ゴールデンの持つ穏やかな性質とお茶目な気質を、セラピーの分野で発揮しています。