たじま高原植物園へ

 とうとう梅雨にはいりました。

雨が降らないと困ることはわかっていますが、やはり天気の良い日を願ってしまいます。

 

そんな今年の梅雨の初日、小雨の中でしたが「たじま高原植物園」へ行きました。

今週こちらでは、100種類の珍しいバラを展示即売されており、また100年~150年昔のアンティークオルゴールのコンサートがありました。

実はこの写真はコンサートが終わって、外に出たところです。

皆さんアンティークオルゴールの音色に癒されて・・・いい笑顔です。

 

 

植物園について、まずバラを見せていただきました。

特に女性は・・・

 

 

♪バラが咲いた 

 

午前中の音楽療法で歌いながら、

午後のお出かけに胸を膨らませていました。

 

皆さんがイメージしたバラの色は、

 

赤・白・薄いピンク・濃いピンク

 

これだけでしたが・・・

 

 

実際にお花を見てみると・・・

 

紫・オレンジ・黄色

 

それに

 

周りが白で中が濃いピンクや

 

オレンジと黄色が混ざったものや

 

八重に一重に様々なバラがあることに、

改めて気づきました。

 

皆さん驚きでいっぱいです(*^^)v

 

 

女性の方たちは・・・

 

バラを1本1本、手に取るように鑑賞されるのに対し、、、

 

 

 

男性は・・・

 

遠くからばら全体を眺めてらっしゃいました。

 

 

そして、音楽療法の一環として、「オルゴールセラピー」を体験しました。

100年も150年も昔の人たちが聴いた音を、今現代に聴くとどんな感じでしょう~♪

 

オルゴールコンサートの会場です。

 

 

 

沢山の方が来られており、天井の高い音の響きのある会場でした。

 

 

 

 

 

 

私たちは入り口付近で聴かせていただきました。

 

ちょうどオルゴールを見下ろす位置になり、とてもよく見えました。

 

音色はもちろんですが、やはりオルゴールのデザインや形が美しいです。

ヨーロッパでも日本の芸術の影響を受けているものも多く、とても興味深く観せていただきました。

 

普段耳にしない美しい響きに、わおんの皆さんは吸い込まれていくようで・・・

 

熱心に最後まで聞いてらっしゃいました。

 

ある方は小さく足でリズムを取りながら~♪

 

またある方は目を閉じて・・・

 

 

 

約40分間のオルゴールの世界に、

夢見心地の方もいらっしゃいました。

 

現実逃避でしょうか・・・

他のお客さんで、すっかり眠りについてらっしゃる方も・・・

 

 

時々知っている曲があると、口ずさむ方もいらっしゃいました。

 

♪埴生の宿 ♪カルメン・ハバネラ 等

 

 

 

Nさんは立ち上がって聴いてらっしゃいました。

 

皆さんオルゴールに心を寄せてらっしゃいますね。

 

 

 

 

非日常的な時空間を楽しませていただき、心の栄養になりました。

 

 

 

解説してくださる植物園の方の口調も優しく、またユーモアがあり素敵なひと時でした。

 

当時のオルゴールの使われ方や作られ方をご説明くださいました。

わおんの皆さんは知的好奇心をフル回転でしたね。

 

 

そして・・・コンサートあとは女性の大好きなお買いもの!!

少しお小遣いをお持ちになり、ご家族にご近所の方にと思いを馳せてらっしゃいました。

オルゴールの音色で心も清らかで~~♪ み~んなにお土産をあげたいわ!って(>_<)

 

 

 

Mさーん、そのくらいでいいですよー!

 

お買いものだーいすきMさんの登場!

 

 

今日はご家族からもお買いものOK~をもらってこられました(笑)

 

 

 

こちらのMさん、

「あら~こんなのも作って売ってらっしゃるのね!可愛いですね」

 

この後、「家族にお土産をと思って」とお菓子を買ってらっしゃいました。

 

 

 

今頃、お家の皆さんで召し上がってらっしゃるかしら・・・☆

 

 

 

Dさんです。

お顔は見えませんが、大きな帽子がとっても雰囲気ありました。

 

おしゃれをしてお出かけ下さったのですね。

 

こちらもお買いものが大好きで!と自他ともに認めます(笑)

 

 

 

 

 

 

お買い物も心行くまで楽しまれ、

外に出てこられました。

 

あれっ?皆さん買われた品物は?

 

「ふふふ~あの人が全部持ってくれはったんやわ~」

 

奥様方のお買いものは違います(>_<)

お帰りは手ぶらで~(笑)

 

 

 

 

 

 

今日もワンズは皆さんと一緒に行きました。

 

お利口にコンサートの間は車で待っていてくれました。

 

 

皆さんと同じ車に乗っていったのですが、静に車のハウスに乗っているものだから、同乗者もワンズが乗っていることに気づかれませんでした。

 

現地に到着し、

「あら!わんちゃんも乗ってたの?」

高原の澄んだ空気に遠い昔のオルゴールの音が響き、とても美しい世界に身を置くことができ、幸せなひと時でした。

帰りにはもう何を聴いてきたのか、観てきたのか、おぼろげな記憶になってしまっている方も、その時には美しいものに触れてらっしゃるので、そのひと時に充実を大切にしたいと思っています。

 

たじま高原植物園のスタッフの皆さま、お世話になりました。

優雅なひと時をありがとうございました<(_ _)>

スタッフ犬紹介

 

 

 

 

 

 BLAU(ブラウ)

ボーダーコリー

♂2009.3.15生まれ

六甲警察犬訓練所、宗平所長の指導の下、2歳からアジリティーを練習。JKC大会にオーナーハンドラーで出場し、数々の賞を戴いています。

人間と遊ぶことがとても楽しいと思っている子です。

 

 

 

 

 

 

WEISS(ヴァイス)

英国ゴールデン

    レトリバー♂2013.2.9生まれ

様々なグループでセラピードッグの勉強をし、JKC訓練競技会ではトレーニングチャンピオンを獲得。

NPO法人日本アニマルセラピー協会のセラピー犬に認定。

認定NPO法人日本レスキュー協会セラピードッグチームの潜在性テスト・適性テストにも合格しています。

 

英国ゴールデンの持つ穏やかな性質とお茶目な気質を、セラピーの分野で発揮しています。