植木博士のIさん、Happy Birthday!

 わおん、8月生まれの方が多く、「お誕生を祝う会」が続いています。

午後のおやつの時間に、「お祝い会」をしています。

 

今回ご紹介するのはIさんです。

Iさん

お誕生日、おめでとうございます

ブログタイトルにも書きましたように、本当に植木や花に造詣が深く、百科事典の様にIさんの頭の中には知識が詰まっています(笑)

 

 

この日も歌いました

 

♪~

HAPPY BIRTHDAY

to

YOU~♪

 

皆さんの拍手を受けてらっしゃいます。

 

 

「皆さん、ありがとうございます」

と、両手を合わせてお礼を・・・

この一年の抱負を伺いました。

「今の健康を維持すること」ときっぱり仰いました。

 

大きな病気に何度かあいながらも、その度に復活されています。

その回復への意欲と努力とご家族の協力は、素晴らしいでした。

 

わおんの取り組みの中には少し苦手なこともあるのですが、「リハビリになるから」と

どんなことにも挑戦されます。

 

音楽療法での一場面

 

♪うみ

 

海色の布を大きく上下に揺らし大波を、

小さくパタパタと

さざ波を作ります。

 

午後のレクリエーションではリハビリどころか、実力発揮のシーンをご覧ください。

そして、ブラウとヴァイスのこともよく可愛がって下さいます。

寒い冬の日で、Iさんがまだ体調が完全に戻ってらっしゃらなかった頃、ヴァイスを抱え込んでお昼寝されたことがありました。

「とっても暖かくて心地いいよ~」って仰ってましたね❤

 

ペルーには「薬犬」という犬種がいて、犬の体には全く毛が生えておらず、病人がその犬を抱いて眠ると犬の体温は39度あるので暖かく、人の体を温めて病を治療する犬なんだそうです。

大昔から人は犬に助けられている部分があるのですね。

 

今日のバースデイケーキはHさんが手伝ってくださいました。

パンプキンタルト」です。

Hさんはタルトの下の台用に、ビスケットを粉々に砕いてもらっています。

 

Iさんは「南瓜を食べたら、ハロウインが来たみたいやね!」っと、若々しい会話で喜んでくださいました。

 

これからも、元気で楽しいIさんでいてください。

わおんスタッフもお手伝いさせていただきます。

スタッフ犬紹介

 

 

 

 

 

 BLAU(ブラウ)

ボーダーコリー

♂2009.3.15生まれ

六甲警察犬訓練所、宗平所長の指導の下、2歳からアジリティーを練習。JKC大会にオーナーハンドラーで出場し、数々の賞を戴いています。

人間と遊ぶことがとても楽しいと思っている子です。

 

 

 

 

 

 

WEISS(ヴァイス)

英国ゴールデン

    レトリバー♂2013.2.9生まれ

様々なグループでセラピードッグの勉強をし、JKC訓練競技会ではトレーニングチャンピオンを獲得。

NPO法人日本アニマルセラピー協会のセラピー犬に認定。

認定NPO法人日本レスキュー協会セラピードッグチームの潜在性テスト・適性テストにも合格しています。

 

英国ゴールデンの持つ穏やかな性質とお茶目な気質を、セラピーの分野で発揮しています。