体力測定とダンスとアジリティー

 天気予報が的中し、連続の雨になりました。

新緑は水分を含み、山がモリモリと大きくなったようにも見えます。

その瑞々しさもこの季節ならではの景色です。

 

 わおんでは3か月毎に体力測定を数年続けています。今週は体力測定Weekです。

今回の結果より「前回あるいは前々回と比べてどうか」という所を大切にしています。

その体力測定はわおん先代の看護師が考えた内容を受け継いでいます。

その様子を今日はご紹介します。

 

 

写真を撮ろう!と準備した時には、まず一つ目の測定がほぼ終わりで…

 

Hさんの様子しか写真が無いのですが・・・

 

 

握力を測定中・・・

「グーっと力を入れて!」

ほとんどの方が、前回よりUP~でした。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

5メートルの距離を普通に歩く速さを

測定中のFさん。

 

膝や腰が悪くて…と言われますが、安定した姿勢で歩かれました。

 

 

 

 

 

他の方たちの様子もご覧ください。

 

それぞれの写真の上をクリックしてください。大きく見れますよ。

「いつもの様に歩いてください」とお願いするのですが、皆さん早く歩かれます。

でも頑張って歩かれるのでふらつきが、いつもより少ないのはいいですね!(笑)

 

 

やる気満々のMさん

スタッフは一人一人に同じことを丁寧に説明します。

 

「あそこまで行くんか?」

「そうそう、あそこまで歩いてね」

 

 

Mさんいい感じでスタートされました。

 

畑で鍛えた足腰…のはずが、腰痛が出たり杖を使ったり・・・

 

頑張ろうね、まだまだ現役!!野菜名人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、手前の椅子から立ち上がり、3メートル先の丸椅子を廻って手前の椅子に座る…までの時間を計ります。

 

説明を理解できるか?

体のふらつきはないか?

歩幅は適切か?

等をチェックします。

これは丸く廻るところが一つのポイントですが、皆さんけっこうぎりぎりを小さく廻られます。女性は丁寧に廻ってらっしゃいますが、Iさんも膝が痛いのよ…と言われます。

少しかかった時間に変化もみられる方や、測定不可能の方も・・・(>_<)

 

 

 

 

最後のこれが、、、

 

皆さんなかなか難しい。

 

体の柔軟性やバランス感覚を見るものです。

 

体を真っ直ぐにして、手を前に伸ばした状態から、体を前傾し手を伸ばして、手の移動した長さを計ります。

これは理解力も問われます。足を一歩出してしまいそうになるんですよ…(>_<)

あるいは、ホワイトボードに手を着けてしまいたくなります。

 

こうして写真を数人分ずつ並べてみると、体が固そうこの方…とか、あれ傾いてるよ!とか、様々に見えてきますね・・・(-_-;)

前回からどう変化しているかによって、もっと運動に参加していただきたい方には、「今日はやめとく」には応じず半ば強引に参加していただきます!!

 

体重チェックは毎月行っており、ご家族にお知らせしております。

今の健康を一日でも長く維持促進できるように、わおんのできるお手伝いの一つです。

 

 

皆さん、お疲れ様でした!

1時から取り掛かり2時に終了、水分補給を肌寒い一日なのでジンジャーティーで取って頂き、その休憩の間に、先日踊ったヴァイスとのドッグダンスを見ていただきました。

曲はビートルズの♪オブラディオブラダです。

約3分30秒の曲ですが、皆さん集中してご覧くださいました。

先ず拍手でヴァイス君登場です。ヴァイスは本番と同じユニオンジャックのバンダナ!

写真の中にも皆さんの表情が観ていただけると思いますが、皆さんとても暖かくヴァイスを見守ってくださっています。

 

そして最後、終わった時には・・・

           Photo by Y.KASHIMURA

思わず皆さん笑顔に! そしてヴァイスに拍手を贈ってやってくださいました。

全員の集中を取れるヴァイス君です(^。^)y-.。o○

 

そしてブラウ君もこんな一芸をご披露しました。本当はもっとできる子なんですが・・・

 

 

「ホップ」というコマンドと私の肩の向きだけで、お花を飛び越える方向を判断できます。

 

それを何度も連続で!

 

 

「ハイタッチ」です。

 

犬は手は前に出せても、高く上に上げることは、骨格上難しいそうです。

 

でもブラウはボダコ、体が柔らかいのだそうです。

 

左右交互に「ハイタッチ、ハイタッチ」と何度でも続けられます。

他にウイーブ(足の間を潜りぬける)・ツイスト(くるりと小回り)・バック(後ろ歩き)等いくつかダンスのトリックを知っています。

でもブラウはアジリティーが主で、今年一年9歳、頑張ります。

 

やっぱり私はこの姿が好きです。

 

生き生きとした表情で次の指示を待っています。

でも、ゴメン!!

ママはブラウについていけない…

ブラウの実力を発揮させてやれない(-_-;)

 

それではブラウが可哀そう・・・

 

で、思い切って訓練士の斉藤君にハンドラーをお願いすることにしました。

 

今は、斉藤君とブラウの関係作りです。

 

まだブラウはママと走る…と言いに私のところに引っ付いてきます。

でもそこはプロの訓練士です、次第にブラウの気持ちを引き付けて、一緒に走ってくれます。ママと走るときより、ハンドラーの指示をよく聞こうとするブラウの姿が見えます。

(ママと走ると、ママが遅いものだから…先に勝手に跳んでしまい…失格に(>_<))

 

また成長したブラウを見てやっていただける日が来ると思います。

斉藤君、よろしくお願いします<(_ _)>   斉藤君はアジリティー上手いんです❤

 

 

スタッフ犬紹介

 

 

 

 

 

 BLAU(ブラウ)

ボーダーコリー

♂2009.3.15生まれ

六甲警察犬訓練所、宗平所長の指導の下、2歳からアジリティーを練習。JKC大会にオーナーハンドラーで出場し、数々の賞を戴いています。

人間と遊ぶことがとても楽しいと思っている子です。

 

 

 

 

 

 

WEISS(ヴァイス)

英国ゴールデン

    レトリバー♂2013.2.9生まれ

様々なグループでセラピードッグの勉強をし、JKC訓練競技会ではトレーニングチャンピオンを獲得。

NPO法人日本アニマルセラピー協会のセラピー犬に認定。

認定NPO法人日本レスキュー協会セラピードッグチームの潜在性テスト・適性テストにも合格しています。

 

英国ゴールデンの持つ穏やかな性質とお茶目な気質を、セラピーの分野で発揮しています。