季節の歌とその花々を

 「わおん」ご利用者さんをお迎えに伺うと、「今日は寒い様な暑い様な、どっちなのか分からないわ…」とよく耳にします。

本当に!!気温の変化が目まぐるしいですね。

こんな時に体調を崩すと治りにくいのかもしれません。

皆さん、しっかり栄養と睡眠、そして心の栄養を取ってくださいね。

 

5月の中頃からよく歌ってきた一曲、皆さん何だと思われますか?こんな感じですが…

 

 

真ん中に花を置いています。

隣にバラの花も置いていますが。

 

皆さんけっこう

真面目に真剣に歌われています。

 

 

さて、何の曲だと思われますか?

皆さんの表情、よく集中して取り組んでくださっています。

ほとんどの方がよくご存じの曲ですよ! 名曲です。

 

 

少し見えている花をご存知の方は、この曲もすぐお分かりかと・・・

この白い花は、この辺りではたくさん見かけます。

珍しくないのですが、皆さんに花の名前をお尋ねすると、意外とご存じないんです。

 

 

 

♪夏は来ぬ を歌っていました。

 

 

そして白い花は「卯の花」=「うつぎ」

です。

「ホトトギス」もはっきり姿が思いだせる方は少なく、写真をお見せしています。

 

「卯の花」と「ホトトギス」で夏だと昔の人々は語っています。

 

そんな季節感を味わっていただきました。

音楽療法というと「楽しく手拍子で歌を皆で歌う」というイメージを持ってらっしゃる方が多いと思いますが、このように落ち着いて真剣に季節感を味わうこともあります。

そして考えること、想像することなどもよく提示し、心と脳を意図的に動かします。

 

歌詞に登場する花の実物をお見せすることはよくあるのですが、なぜかわおんのご利用者さんのご家族から、お庭で育てられた花をよく頂戴します。

今、わおんの中はこんなに花が様々に!

これらの花々をテーブルの上で皆で鑑賞しました。すると皆さんの表情がこんなに明るく楽しそうになり、心の栄養を取って下さっているな…と嬉しく思いました。

 

「うわ~これ何ていう名前の花?」

「紫陽花やわ」

 

「この黄色いのは?」

「う~ん、よく見るけどねえ…名前は…」

 

「これうちの庭で咲いたのよ」

「上手に育ててるね」

 

「挿し木でつくよ!」

 

「ちょっとこの花、こっち向けて見せて」

「はい、どうぞ」

 

「うわ~かわいいね」

「キレイね」

 

「これは花?実?」

「これ何やろう…」

 

こんな話題が延々と続きます。

 

 

 

本当に笑顔が弾けていました。

 

花を見ていると、心が和みますよね。

 

 

ご家族の方々、本当にありがとうございます。感謝です。

 

そして、この方たちを玄関でお出迎えしたわおんの「ウエルカムフラワー」by 越中サン

思わず足を止められる方もいらっしゃいます。「あら!かわいいね」って。

そんな時にはお顔は微笑み、スタッフとの会話も弾みます。

 

わおんへお越しくださった一日を、どれだけ楽しく心豊かな時間にしていただけるかと、スタッフはそれぞれの場面で創意工夫しています。

これからもわおんの取り組みにご期待くださいね。

 

 

スタッフ犬紹介

 

 

 

 

 

 BLAU(ブラウ)

ボーダーコリー

♂2009.3.15生まれ

六甲警察犬訓練所、宗平所長の指導の下、2歳からアジリティーを練習。JKC大会にオーナーハンドラーで出場し、数々の賞を戴いています。

人間と遊ぶことがとても楽しいと思っている子です。

 

 

 

 

 

 

WEISS(ヴァイス)

英国ゴールデン

    レトリバー♂2013.2.9生まれ

様々なグループでセラピードッグの勉強をし、JKC訓練競技会ではトレーニングチャンピオンを獲得。

NPO法人日本アニマルセラピー協会のセラピー犬に認定。

認定NPO法人日本レスキュー協会セラピードッグチームの潜在性テスト・適性テストにも合格しています。

 

英国ゴールデンの持つ穏やかな性質とお茶目な気質を、セラピーの分野で発揮しています。