節分「ワンズのおやつテイク」ゲーム

 やはり寒さも一段と…と思いきや、3月の気温が出たり…でも雪だるまマークは消えずに?三寒四温でしょうか?

それでも♪早春賦が歌える季節になりました。

とうとう節分ですね。イワシ・恵方巻き・豆まき 等々、みなさんのお宅でもご準備されているのでしょう。

実はわおんでもこんなお昼ごはんを、戸田調理員が用意してくれました。

 

・いわしのかば焼き

 

・恵方巻き(丸かじりは切りましたが…)

・和蕎麦

 

・かぼちゃのそぼろあんかけ

・人参と大根ともやしのナムル

 

そして、新しいわんことのゲームに挑戦していただきました。

ちょっとワンズに「豆まき」みたいですよ。

 

ネーミングに困ったのですが「ワンズのおやつテイクゲーム」としました。

Aさんの取り組みで、ルールをご説明いたします。

 

 

先ず、お皿を5枚好きなように並べます。

 

この中にワンズのおやつを1個ずつ入れるので、ワンズの食べやすい位置を考えます

 

これは足腰の筋力UP!に繋がります。

 

 

Aさん、ブラウ君に「これでええか?」と確認中…(笑)

 

おやつも1個ずつ入りました。

 

ブラウはおやつが入った事を、しっかり見ていました。

 

 

ブラウの近くに戻り、「GOO!」と指示を出します

 (気持ちを犬に伝えます

ここからタイムを計ります。

タイムの少ない方が良いのですが・・・

 

ブラウはおやつのお皿をめがけて走っていきます。

 

 

先ずやはり手前のお皿から。

 

次々と食べていきます。

「ここにまだあるよー」っと

声援も飛びます。

 

Aさん、「早く食べて~~」

(このワクワク緊張感が気持ちを高揚させアドレナリン分泌)

 

5皿全部食べたのに

「まだあるかも?」と探してしまいました。

 

焦るAさん「もう無いよ!こっちおいで、早よ、早よ!!」

大きな声で呼び戻しです。

 

ちょっと分かり難いですが、シッポにAさんのタッチがお分かり頂けますか?

Aさんの所に戻りました。喜び

 

っと、ここまでの時間を正確に

ストップウオッチで計ります。

 

この時は確か…Aさん16秒!!

素晴らしく早いですよ。

こんなゲームをしてみました。

 

この日の参加者の様子を、ご紹介します。説明文は入れませんが、それはそれは、様々な言葉が飛び出しました。

 

では、Kさんです。

「GO!」は良かったのですが、「名前何ていうのやった?」って…

「ブラウカム!」がなかなか出なくて、ブラウはちょっと立ったまま…でもちゃんと戻っていきました。

 

 

男性Nさん。

お皿の置き方に拘り、「こういうことに致しましょう」と。

ブラウはしっかり見ていました。

呼び戻しで、両手を使い「こちらへ来なさい」とはブラウに伝わらず・・・「カム」って呼んで~って言っても「よろしい、このままで」(>_<)

ブラウはもっとあるかと探してしまい、53秒かかりましたが戻りました。

 

 

次はMさん。

わんこの大好きなMさん…おやつをお皿に置くのではなく、早く食べさせてやりたくて…(ありがとう)ブラウも待ってたもんね…優しいなあ~Mさん❤少しスタッフがお手伝い。

「ほれ、あっちやで~」の合図ではブラウは戸惑いましたが、行きました。

 

 

女性Nさん。

こちらも「わんこはだだだーい好き!」っと言われます。

「いぬのきもち」になってお皿を並べて…「こうかしら?ああかしら?いややっぱりこうだわ!」ってとっても良く考えてくださいました。

食べ終わったら「もう無いよ、早よ戻ってきんせえ…」って。。。

う~ん、ブラウ君、但馬地方の方言、わかりません・・・

 

 

そして、Sさん。

「わんちん」と犬を呼びますが、名前は「何だったっけ???」

さあ、こんなことでワンズを呼び戻せるでしょうか?

「わんちん、わんちん、こっちだよー、早くこっちへおいで、わんちーん」・・・

とても難解な言葉だったと思いますよ、ブラウには_(笑)

 

 

Hさんの登場。

これがまたカッコよすぎて、写真を撮り忘れてしまうほど・・・解説付きでどうぞ!

 

丁寧にお皿を並べ変えおやつを入れてくださいます。

 

Hさん

「これ何の肉?」

 

スタッフ

「カモ肉のおやつ」

 

Hさん「美味しそうやなあ」

 

 

ここでカッコ良すぎー

 

「Let’s go!!」

 

 

ブラウは意味が分かったのかどうか?

でも一目散におやつめがけて走りました。

 

 

全部おやつを食べて

Hさんのこの言葉!

 

「Come on!」

 

 

見事、ブラウはさっさと戻りました~

 

こんなゲームを、まずブラウとしていただきました。

次は僕だ!とヴァイスがハウスから様子をうかがっています。。。

 

 

先ほど解説のモデルになって下さったAさん。

残念なことに、ギャラリーがヴァイスに声をかけなでてしまったので、タイムロスが大きくなりました(>_<) 

でも最後まで「カムカムカム」って、わんこには違う言葉に聞こえたかも…

 

 

2番目はKさん。

呼び方も上手くなりました!

「こっちやでー、おいで!」にちゃんとヴァイスは感応しましたね。

 

 

男性Nさん、元教師とはいえ、人間の子供の様にはいきません・・・悪しからず。

ヴァイスへの声掛けが、生徒たちに言うように「そうです、それでよいのです」と(-_-;)

 

 

ちょっと長いですが・・・Mさんの思いにヴァイスは応えています。

「僕、セラピー犬ですから・・・きっとMおばたんは僕を触りたいんだな・・・」って。

 

 

女性Nさんも、「いぬのきもち」を大切に、「こうしておきましょ!」とセッティング。

ヴァイスはよく待ちました(笑)

Nさん「お利口さんね、はい、行ってちょうだい」  ヴァイス「わかったよ」

 

 

Sさんはブラウも「わんちん」、ヴァイスも「わんちん」と呼びます。

「ほれ、お前はこっちだよ、こっち来ないとダメっしょうー」「そだそだ、そだよー」(北海道弁)と上から目線です。それに対しブラウは時々拒否反応を起こします。

 

 

Hさん、やはりあの言葉が出ました! 流石、アメリカ経験者は違うなあ~

 

ブラウとヴァイスの両方のタイムを足して、かかった秒数の少ない方が優勝です。

2頭共に平均的なタイムの方が良いようですが、誰でしょう~~~~???

 

 

やはりこの方

 

Hさん優勝

 

 

「COME」

「GO」の言葉で、ワンズの反応が速かったようです。

 

おめでとう

ございます❤

 

ワンズは1人5個のおやつを人数分食べれて、楽しかったと思います。一生懸命に作業していました。

皆さんもワンズにご自分の気持ちを伝えることの難しさ、でも伝わった時の嬉しさなどを体験してくださったと思います。

セラピー犬として皆さんの活動のお役に立てるように、これからもワンズも私も勉強していきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

スタッフ犬紹介

 

 

 

 

 

 BLAU(ブラウ)

ボーダーコリー

♂2009.3.15生まれ

六甲警察犬訓練所、宗平所長の指導の下、2歳からアジリティーを練習。JKC大会にオーナーハンドラーで出場し、数々の賞を戴いています。

人間と遊ぶことがとても楽しいと思っている子です。

 

 

 

 

 

 

WEISS(ヴァイス)

英国ゴールデン

    レトリバー♂2013.2.9生まれ

様々なグループでセラピードッグの勉強をし、JKC訓練競技会ではトレーニングチャンピオンを獲得。

NPO法人日本アニマルセラピー協会のセラピー犬に認定。

認定NPO法人日本レスキュー協会セラピードッグチームの潜在性テスト・適性テストにも合格しています。

 

英国ゴールデンの持つ穏やかな性質とお茶目な気質を、セラピーの分野で発揮しています。