ブラウの誕生日

 昨年教えていただいた言葉の一つに「小鳥殺し」・・・

正にこの寒さですよね、本当に春が来たと思って小鳥たちは羽毛を抜き落とすのだそうですが、再び寒気が入り込み、寒さが戻った時に羽毛を抜き落としてしまった小鳥たちは命を落とす・・・寒くなりました。

 

 3月15日はブラウの10歳の誕生日です。

少し早かったのですが、事情がありお誕生日を早い目に祝うことにしました。

 

 

 

HAPPY

 

BIRTHDAY

 

to

 

BLAU

ブラウはとても運動能力の高い犬種(ボーダーコリー)で、ヴァイスにはない俊敏さがあります。

アジリティーを2歳から続けていましたが、10歳を前に引退しました。

そして今は服従訓練と少しダンスの練習を始めています。

「わおん」ではボール遊びやフリスビーの遊びなどで、皆さんのお相手をしています。

 

 

 

わおんドッグランで、こんな風にハードルを跳び、皆さんに躍動感を届けてくれています。

 

 

キレイな姿で跳ぶ子です。

このカメラ目線も余裕です。

ブラウの誕生祝の日だから、皆さんにも「ワンコの絵合わせゲーム」をして頂きました。

 

いろんなわんこ達のカードがあり、

神経衰弱の要領です。

 

ブラウのボーダーコリー、

ヴァイスのゴールデンレトリバーもあります。

 

 

 

皆さんお気に入りのわんこや、

以前に飼っていたわんこが当たると歓声を揚げ、

とても楽しまれています。

この4枚の写真・・・カードの数があまり減っていない・・・で、す、ね!(笑)

なかなか合わないんですよw~

 

 

 

皆さんがカードゲームを楽しんでらっしゃる間に、

ケーキ班はブラウ君のバースデイケーキを作りました。

 

そしたら、ヴァイスは来ないのに、

ブラウがこんな風にキッチンに。

 

「それ、僕のでしょ!」ってか??

実はブラウ君、左手のイボが大きくなり、手術することになりました。

かなり大きくなってしまい、根っこから取らないと再発します。

しかし、それには深く根が張っていて麻酔が必要です。

 

ブラウは普段は元気なのですが、心臓に疾患があり麻酔はとても危険なんです。

以前の去勢手術中に心臓が止まってしまい、獣医さんが蘇生してくださいました。

今回も万が一心臓が止まっても、蘇生できるかどうか…しかし、麻酔もずいぶん進歩しているとのこと。

ブラウの生命力と獣医さんの技術を信じて、手術していただこうと決めました。

 

術後のブラウの左手はどうなるでしょう…深く根っこから取られるので・・・心配です。

 

 

でも、きっとまたこんな風に走れることを祈って、

 

手術前に思いっきり、大好きなフリスビーで遊びました。

 

 

ブラウ、楽しかったよ!

 

ママの下手くそな投げ方でも、取ってくれるもんね❤

 

ありがとう、ブラウ。

 

 

そしてお誕生を祝って、さあ、ケーキ!!

あれっ?! ちょっとお皿の上の方、お星さまが足らないぞ!!!

そうです、ブラウがOK出してないのに、食べちゃいました(>_<)

写真を撮るのに何度もシャッター切ったのですが、2頭とも全くケーキが見れません。

コラージュしてみました~(^O^)

固まったブラウとヴァイスです(笑)同じ写真ではありませんよ。

皆さんも大笑いです。「あれ~動かないね~~」って。

 

ハイッ!

切り分けてやっと食べれました。

 

秒殺でした。

 

本当はこんなケーキです。

 

10歳なので星を10個、

文字はリンゴの皮です。

 

中央の犬のクッキー、、、

あまりブラウに似なかった

 

けど、手術前のママからのエールです。

ブラウ、10歳おめでとう。

 

そして10年、ありがとう。

きっと、きっと、元気に「わおん」に戻ろうね。

手術ガンバレ!!  ブラウ、頑張れ!!!

 

皆さん、どうぞブラウの手術の成功を祈りの一つに加えてください。

祈ってやってください。

 

 

スタッフ犬紹介

 

 

 

 

 

 BLAU(ブラウ)

ボーダーコリー

♂2009.3.15生まれ

六甲警察犬訓練所、宗平所長の指導の下、2歳からアジリティーを練習。JKC大会にオーナーハンドラーで出場し、数々の賞を戴いています。

人間と遊ぶことがとても楽しいと思っている子です。

 

 

 

 

 

 

WEISS(ヴァイス)

英国ゴールデン

    レトリバー♂2013.2.9生まれ

様々なグループでセラピードッグの勉強をし、JKC訓練競技会ではトレーニングチャンピオンを獲得。

NPO法人日本アニマルセラピー協会のセラピー犬に認定。

認定NPO法人日本レスキュー協会セラピードッグチームの潜在性テスト・適性テストにも合格しています。

 

英国ゴールデンの持つ穏やかな性質とお茶目な気質を、セラピーの分野で発揮しています。