ヴァイスの健康復活です

 わおんのワンコ達は少し試練の時がありましたが、ブラウ君は安らかに虹の橋を渡り、ヴァイス君は健康状態がよくなり、元気復活してまいりました。

 

 

 

こんな笑顔をみせてくれるようになりました。

 

 

動物病院で血液検査をしてもらいました。

 

5月31日に検査した時には炎症反応の数値が高く、貧血も疑われていました。

そして脾臓全体があまりきれいに映っていませんでした。

 

でも今回はすべてクリアし、炎症反応はすっかりなくなり、若干貧血気味ですが大きな問題ではなく、脾臓の状態も数値も問題解消されていました。

 

良かった~(^^)/

 

心の病気も丁寧にヴァイスに関わることと、少し皆さんとのテンション高い触れ合いを止めて静かに接して頂いたおかげで、かなり改善されています。

 

先週の日曜日には、こんなところへママと二人で行きました。

 

 

 

ブラウも大好きだった温水プールです。

 

 

 

ただ、前十字靭帯の損傷がありますので、1時間は遊べません。

30分ほどで切り上げ、体をきれいにシャンプーして帰りました。

一緒になったアメリカゴールデンレトリバーのお友達がとってもいい子で、仲良く遊びました。

 

 

 

お互いのおもちゃを交換したり、とりやっこしたり、ヴァイスはとても楽しかったようです。

 

 

実はこの子も脚に問題があり、左右の後ろ脚にボルトが入っているそうです。

その上、前脚の肘の関節も痛めているそうです。

でも若いのでとっても可愛い性格で元気に泳いでいました。

 

 

ヴァイスも左後ろ脚靭帯が悪いので、思いっきり飛び込めません。

下の左の写真の様に滑り落ちるように飛び込み、浮き上がっておもちゃを咥える…というカッコ悪い飛込です(>_<)

 

 

 

でもとっても気持ちよさそうに泳ぎます。

 

 

 

このプールにはブラウとよく来ていたので、ブラウの事を思い出していたかもしれません。

 

そして同じ施設内に動物霊園があり、ブラウはそこでお葬式をして虹の橋を渡りました。

このプールの写真を自宅に戻りスマホで見ようとしたら・・・

 

皆さん驚かないでくださいね、私が保存した覚えのない写真がスマホの一番初めに出たんです。

 

この写真なんですよ。

私が保存したのを忘れているだけだと思われるかもしれませんが、私はその保存する作業をしたら記憶に残るはずですが、スマホを開けて初めの写真にこの写真が出たのです。

 

七夕様だから会いたい!と願った私の気持ちを受けて、ブラウからの贈り物だと思うのです。

信じて頂けるか、そうでないかはそれぞれの方にお任せいたしますが、四十九日までに何か必ずブラウ君からのお便りがあるよと、犬友達から言われていました。

私はこれだと感じるんです💗  ブラウ、ありがとう~

 

プールで泳いでるヴァイスとママを見て、ブラウ君は「僕もここにいるよ」と知らせたのでしょう。

スタッフの夢にも現れたようです。元気に走っていたそうです。~💗

ブラウ、お空で脚が治ったんだね、また走れるようになったんだね!!良かった~

 

 

ヴァイスも健康状態も回復し、心も癒されてきて、皆さんとおやつキャッチのゲームをしました。入浴中の方はごめんなさいです。またしましょう~

皆さん何とかヴァイスに上手くキャッチさせてやりたくて、力加減や高さをコントロールしてくださるのですが、何分ドンくさいヴァイスなんで・・・

またもやブラウなら取れるのにな…😢と思い出してしまいます。

 

 

スタッフ犬紹介

 

 

 

 

WEISS(ヴァイス)

英国ゴールデン

    レトリバー♂2013.2.9生まれ

様々なグループでセラピードッグの勉強をし、JKC訓練競技会ではトレーニングチャンピオンを獲得。

NPO法人日本アニマルセラピー協会のセラピー犬に認定。

認定NPO法人日本レスキュー協会セラピードッグチームの潜在性テスト・適性テストにも合格しています。

 

英国ゴールデンの持つ穏やかな性質とお茶目な気質を、セラピーの分野で発揮しています。

 

 

 

 

 

 BLAU(ブラウ)

ボーダーコリー

♂2009.3.15生まれ

六甲警察犬訓練所、宗平所長の指導の下、2歳からアジリティーを練習。JKC大会にオーナーハンドラーで出場し、数々の賞を戴いています。

人間と遊ぶことがとても楽しいと思っている子です。